長距離引っ越しの際、気をつける事

 

日通の長距離引っ越しで気をつける事

 

 

日通の長距離引っ越しはお客様の手間を極力少なくしたサービスですが、お客様側でやっておいた方が良いことを
実際引っ越し以来をした方々に聞いてみました。

 

 

 

長距離引っ越しの際、気をつける事

 

暑い時期の引っ越しは危険!?

常日頃から ダンボールなどで 物を保管する場合 とにかくマジックなり 付箋なり 中に何が入っているかを

 

書いておく習慣をつけておけば 時間の無駄が省けるように思います。

 

日通は引っ越し当日、どれが何かが分るよう配慮してくれますが焦らないためやっておいた方が良いです。

 

衣類などは やはり 透明のファンシーケースなどに入れるのが 一番 わかりやすいし…

 

引越しだけではなく 常日頃の習慣が 時間の無駄を省くように思います…

 

引っ越しをするのは やはり 季節は夏を避けることかな?

 

夏の引越しは地獄に近い物があり 引っ越し先には だいたいクーラーを設置していないので

 

脱水症状を 起こしかねないし とにかく痩せます。

 

私は3日で3キロ落ちてしまいました…引越し先との温度差もあったからかもですが。

 

夏と冬は地域差が激しい時期なので個人的にはお勧めできません。

 

季節で言うと 春 秋が 一番良いのでは。

 

隣・近所への挨拶は なるだけ 早いうちにしておいた方が 気楽に 物事が進める様な気がします。

 

地域によっては挨拶にうるさい人が多いです。

 

 

 

見られたくない物は自分で・ゴミ捨ては計画的に

お任せといえども、下着類などはさすがに他の人にはパッキングしていただきたくないので

 

見られたくないものは、自分で事前に詰めていた方が、いいと思います。

 

しっかり分けてないと長距離移動中、気が気でない状態になりかねないです。

 

自分は下着等プライベートな物以外は日通にお任せしましたが

 

変に探ることなくスピーディーに作業をしてくれるのでとても気持ちよかったです。

 

また、引越しの際は、その時まで住んでいた家をきれいに掃除しなくてはいけませんが

 

そういった掃除用具類は別にしておかないと、その後部屋の掃除が出来なくなるので注意が必要です。

 

最低限の掃除道具は用意しておいた方がいいですし、その後それを持ち帰る、あるいは捨てることも考えなければなりません。

 

一軒家の場合ですと、ごみをいつでも出せるわけではないので、簡単に捨てて帰れないかもしれません。

 

(場所によってごみの出し方が異なるので最悪家に数日おかないといけなくなります)

 

また、自分で掃除したくない場合は、引越し業者でも掃除サービスは扱っていると思いますので、そちらにお願いした方がいいかと思います。

 

 

 

長距離引っ越しの際、気をつける事

 

出来るだけ早い時期から準備を!

転勤とかではなかったので引越しの1ヶ月前くらいから使わないものなど 自分で箱つめしたり

 

いらないものを処分しながら作業してきました。

 

徐々に 郵便 電話 電気 ガスなども引越しまでに清算をしていかないと 当日大変な思いをします。

 

引越し先が県違いだと手続きの方法に手間取り…の様な事もあるかと思います。

 

お子様のいる家庭ではフリーマーケットとかリサイクルに出したりして不要なおもちゃ 服などは処分されるといいとおもいます。

 

(これも引越し先によりますが…)

 

費用に関しては ネットなどを利用して 見積もりを出していただくのもいいかと思いますが 実際 気になった業者の営業さんを

 

同じ日同じ時間で 自宅に来てもらい見積もりをしてもらうと競争してくださって 自分たちにとっては時短にもなるし料金も競争されますので

 

単独で見積もりにきてもらうより安く上がると思います

 

長距離引っ越しは近距離と比べてやり直しがしずらいので慣れている方でも早めの準備を是非してください

 

日通の営業さんは丁寧なので相談すれば色々教えてくれますよ

 

 

 

季節と不要品は重りになりますよ

真夏、涼しい地域から暑い地域へ引越したので、引越しの時期は絶対に暑い季節にしない方が良いと思う。

 

真夏の引越しだと、荷物の整理や梱包も大変になり、引越し先での後片付けも汗だくになる。

 

体力をかなり消耗するので、出来るのであれば夏の引越しは控えた方がベストかもしれない。

 

いらない古本なども、ブックオフに査定を頼むと、かなり良い値段になり

 

引越しの際には引越し会社と堤携している古本屋などを探しておくと後から非常に便利だと思う

 

自分でどうにかする場合、地方によってはブックオフが遠い所もあるので前もって調べることも重要。

 

田舎地方へ行くなら確実に引っ越し前に処分すべき。

 

日通だと不要品の処分の相談も受けてくれるとの事なので処分方法に迷っている人は相談をお勧めする。

 

引越しは、後片付けも大変になるので、出来たら翌日に休みを取っていた方が安心。

 

無理に一度に片付けようとすると、終わらないので、余裕を持ってゆっくり後片付けをした方が、手際良く作業を始められている。

 

引越し当日にすぐやった方が良いのは、お隣への挨拶。

 

挨拶は当たり前だけど、いつ何が起きる解らないので、早めに作業をしてもらうと安心である。

 

挨拶がないと村八分にされる可能性もあるのでやって損は無いと思います。