家族で引越す時の注意

 

家族で引越す際に注意すること

 

日通で家族引っ越し・家族パックを経験済みの人から注意すべきポイントを聞きました。

 

ゴミの話題が多いのでゴミの扱いは要注意ポイントです!

 

日通は不要品(粗大ゴミ)のお引取りサービスも充実していますのでご利用下さい

 

※不要品引き取りサービスについての詳細は日通へお問い合わせ願います

 

 

 

 

ゴミ捨ては計画的に

 

ゴミだけでも、少しずつでもいいから、引っ越しが決まり次第まとめて捨てる

 

ゴミの収集は曜日が決まっているので、結局出しそびれてしまうことにならないように。

 

また、ゴミ集積所にあまりにもいっぺんに多量のゴミを出すと、その集積所を使うご近所さんに迷惑げかかるので。

 

結局、最終的に、大きなもの、例えばベッドやソファなどは、業者さんに来てもらうのが一番楽チン。

 

日通は不要品の処理サービスがオプションであるので粗大ゴミなどが出る場合は

 

相談した方がいいと思います。

 

トラック一台分積めるだけ積んで、均一価格だった。

 

ベッドやソファ、パソコンデスク、プラスチックのゴミ箱、ベットのマットレス、古い布団

 

古いカーペット、古い鍋やフライパン、土鍋など、どう分別したらいいのかわからないものや

 

大きくて自分では運べないものが多かったので、すごくたすかった。

 

 

家族で引越す時の注意

 

梱包に一工夫を!

 

引っ越し当日までに少しずつ自分で荷物を箱詰めしておくと、引っ越し当日の作業をへらすことができます。

 

また、引っ越し業者や手伝いの方に詰めていただき

 

あとで、欲しいものがどこにあるのかわからなくなるトラブルを減らすことができます。

 

箱詰めするときは、荷物リストを作ります。

 

箱に番号をつけて、番号順に中身を記録しながら詰めていきます。

 

面倒ですが、なるべく細かく記入しておくと、あとで探しやすくなります。

 

日通の作業員さんが搬送後、丁寧に確認を取ってくれますので合わせて利用すると良いと思います。

 

また、引っ越し後、すぐに使うものはまとめて箱に入れ、「すぐ使う」と箱に書いたり

 

シールを貼ったりして、別の箱と区別し、引っ越し業者の方にわかりやすいところへ置いていただくようお願いします

 

事前に箱詰めをするときに、必要なものと不必要なものに分け、荷物をなるべく少なくすると楽です。

 

 

家族で引越す時の注意

 

荷造りと一緒に不要物の処分をしましょう!

 

引越しが決まったら、普段使う必要最小限のモノ以外は着々と荷造りしましょう

 

引越し先でもする事は沢山ありますからね。

 

それから、人生でそう多くないこの機会にぜひ身の回りの整理をおすすめします。

 

思い出のあれこれ、いつか使うつもりのあれこれ…きっと無くても大丈夫です。

 

でも今捨てるには忍びない。

 

そういったものは一つの箱にまとめて引っ越し先でも開けないでしばらく置いておきます。

 

中に何が入っていたか忘れた頃に処分しましょう。

 

その時は中身を確かめないのが鉄則です。

 

私はダンボール3箱分処分しました。

 

本当はお別れを言って一緒に引っ越さないのが一番なんですけどね。

 

最近引っ越した友人も言っていましたよ、ゴミと暮らしていたって。

 

引越しのいいところは人生の整理整頓が出来ることだと思います。

 

処分方法に困った場合は別料金で日通が対応してくれるので問い合わせすると良いと思います。

 

 

家族で引越す時の注意

 

モノは減らせるだけ減らす

 

食品や液体類、可燃物の移動や処分は早めにしておかないと、当日になってから処分に困ります

 

家族が多いと量も凄いので笑い事ですまされません。

 

家具類を粗大ゴミで捨てる場合、処分費用がかかり、ものによっては粗大ゴミ置き場まで運ぶことが難しいときがあります。

 

日通が処分してくれるみたいですが、インターネットで買い物をしている事が多い方は

 

インターネットオークションに1円などで出し、少なくとも送料だけを負担してもらい、手放すのも手です。

 

手間を考えると日通に頼むのが一番楽だと思いますが)

 

業者はクロネコ引越便を利用しましたが、プロが梱包および部屋出しもしてくれるため、自ら運び出す手間がはぶけます。

 

書籍類は小さなダンボールサイズでないと、重くなりすぎて運べません。

 

そのため、書籍が多いと、小さなダンボールが非常に多くなり、予想以上の出費になります。

 

私の場合は、オフハウスにトラックに来てもらい、まとめて処分しました。

 

運んでもらえるだけでなく、わずかですがお金にもなります。